This is the website of the Shouraizou study project, which ended April 2005. The project has been a tremendous succes.
The website is archived to give you an insight into the project. Please notice that most content will be outdated and not applicable anymore.
Download the published reports ('Download Reports') or contact us ('Contact Information') for more information about Shouraizou.
Shouraizou
indent  Homepage
indent  Japanese 日本語版
indent  Project Summary
indent  Study Tour
indent  Study Tour (reports)
indent  Study Tour (pictures)
indent  Pictures (other)
indent  Organization
indent  People
indent  References
indent  Download Reports
indent  Contact Information

Students
indent  Introduction
indent  Research Project
indent  Japanese Course
indent  Contract Research
indent  Japan Symposion
indent  Final Symposium

Companies
indent  General Information

Log In
Username

Password






Search Web Pages





日本語バージョン
Below you will find a Japanese summary of the information that is available in English on this site. An English summary can be found here. Please note that the English version is slightly different, since it was updated during the study project, while the Japanese version was not.

This page on the Shouraizou website contains Japanese characters using the UTF-8 encoding. Windows 9x/ME by default cannot view such characters. In order to be able to view Japanese characters, you have to download the following update from Microsoft: Windows 9x/NT4 or Windows XP/2000. You must have administrative rights to perform the installation of the language packages.


このページの最後に日本語版がありますのでご覧ください。なお、ご質問等ございましたら、こちらまでお気軽にご連絡ください。

研究プロジェクト将来像について

この一連の研究プロジェクトは、オランダのTwente大学電気工学部が主催して2~3年ごとに組織されているプロジェクトであり、プロジェクトの組織委員会は、電気電子工学協会(IEEE)の Twente大学学生支部およびTwente大学の電気工学研究会「Scintilla」のメンバーから構成されています。Twente大学や上記の組織に関しては、このページの下部に詳細がありますのでご覧ください。

この研究プロジェクトでは、電気工学の特定分野やヨーロッパ以外の国に関する知見を得ることを目的としており、教授及び他の学術メンバーによる監督のもと、25人以上の学生グループにより様々な研究・調査が進められています。
今回の研究プロジェクト将来像では、「日本の技術革新」をテーマとしており、参加者が電気工学の観点からだけでなく、文化的・経済的・政治的な側面から日本に対する見聞を深めることを目的としています。またそれらに加え、企業・大学・研究所等における日本とオランダの出会いの場を増やし、連携が促進されることを期待しています。

研究プロジェクトでは、マクロレベル(一般的な社会や産業単位)、中間レベル(電気工学分野の各セクター単位)、ミクロレベル(企業・大学・研究所単位)という、それぞれのレベルに応じた技術革新を研究する予定です。そのために様々な講座を設定し、一般的な技術革新(特に日本の技術革新)について講義を進めていきます。また、それ以外にも、シンポジウムや言語コース、研修旅行等を企画する予定です。研究成果は、研修旅行の前後で分けた2種類の報告書を作成・公表します。

このプロジェクトの最終段階では、2004年11月に約3週間の日本への研修旅行を実施します。この研修旅行では、日本の最先端技術に触れ、研究者とお会いし、世界的に有名な日本の技術革新がどのように進められているかを議論できるように、日本の企業・大学・研究所へ訪問することを予定しています。それと共に、日本の文化や環境を体験し、見聞を広めたいと考えています。

企業・大学・研究所の皆様へのお願い

私たちは、今回のプロジェクトで日本の企業・大学・研究所を訪問することにより、日本におけるすばらしい技術革新がどこで、どのようにして行われているかを自らの目で確認し、見聞を深めることを目的としています。そのため、様々な分野において活躍されている研究者の方や、電気工学の分野で一連の技術を専攻し数々の製品を開発されている方にお会いし、製品や研究計画について技術的な面から学ぶと共に、研究者の方々のバックグラウンドや職場環境についてお話をお聞かせ願えればと考えております。

今回の研修旅行には、Twente大学の電気工学部から数人の教授と、約35人の学生が参加する予定であり、現在、訪問させていただける企業・大学・研究所を募集しています。
もし、このプロジェクトに興味があり、我々のグループの訪問に数時間のお時間を割いていただけるようでしたら、こちらまでご連絡ください。

組織の概要

Twente大学 (オランダ)
オランダのTwente大学は、事業家育成を目的とした新しい研究大学です。教育面においてはオランダの中でもランクは高く、電気工学を代表とした数々のプログラムにおいて、学生や科学者から高い評価を得ています。
Twente大学は、教育及び研究の両面において「事業家育成」をキーワードに掲げており、今までのどの大学よりも、大企業やSME、行政機関との連携の必要性を重視しています。

Twente大学には、400人の研究者を抱え、最新のクリーンルームを完備した「MESA+」という研究所があり、国内・海外においてナノテクノロジー研究の重要な役割を果たしています。その他、Twente大学では、情報工学、バイオ医学技術および力学/プロセス/コントロール分野が有名です。

IEEE Twente大学学生支部
電気電子工学協会 (IEEE)は世界最大の技術学専門家の集まりです。新しい電気工学訓練従事者数人によって1884年に設立され、現在では77,000人の学生会員を含む約377,000人のメンバーで構成されており、150カ国で活動しています。

IEEEでは、電子工学・電気工学・コンピューター工学・コンピューター科学における理論と技術の発展を目的としています。この目的を実現するために、合計1200の学生支部や分会を通じて、世界規模での活動(奨学金や学会、セミナー、地域ミーティングの支援など)を実施しています。また、これらの分野における科学文献の30%以上を発行すると共に、メンバーの知識や専門技術を最先端に保つための教育プログラムを提供しています。

電気工学研究会「Scintilla」
Twente大学では、学生は研究を行うと同時に、大学政策における決定的な発言権を持つといったように、研究及び教育の両面において重要な役割を果たしています。そのため、すべての学部では、学生の利益の確保に努め、かつ科学的知識・技術の拡張を支援するために、大学側と学生側の橋渡し的な活動を行う「研究会」を有しています。この「研究会」は学生によって運営されており、教授や他の学術メンバーと連絡を取り合いながら、研修やシンポジウム等を開催しています。

「Scintilla」は、電気工学部の学生700人以上から成る研究会であり、そのうちの100人が委員会・ワーキンググループ等で積極的に活動を行っています。
将来像組織委員会への連絡先:
info@shouraizou.nl

Created on 03/01/2004 12:55 PM by RolandMe
Updated on 05/16/2007 10:34 AM by Admin
 Printable Version

In cooperation with
IEEEScintilla
University of Twente

Sponsors
Werken bij Philips
Careers at Shell
MESA+
Freerider.nl